The London School of Economics and Political Science
ヨーロッパ研究 MPhil
The London School of Economics and Political Science - ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス

提供するコース・モダリティ

主要なコース概要

コース内容

欧州研究所のMPhil /博士号プログラムは、学生が出版に値する仕事のかなりの部分を実施する機会を提供し、現代ヨーロッパの研究に独創的な貢献をする。我々は、政治経済学、政治と政策、文化と社会、および移民のサブフィールドで特定の専門知識を提供する。

ヨーロッパ研究のMPhil/PhDは、学際的、学際的、学際横断的な研究への応募を歓迎する。学生はMPhilからスタートし、条件を満たせばPhDに昇格する。当校は、ヨーロッパ研究所の研究生が権威あるUACES博士賞を4度受賞するなど、研究において長い歴史を持っている。

卒業後、当校の学生たちは、アカデミック・キャリア、非アカデミック・キャリアを問わず、さまざまなキャリアを歩んでいるが、いずれの場合も、LSEで培ったスキル、知識、人脈が役立っている。

MPhil/PhDプログラムは、研究デザインと方法論のスキルを学ぶための様々な機会を提供し、学生が自分のテーマを定義し、様々な分野で研究を追求するプロセスを通じて学生を導く。学生のプロジェクトについて議論するために毎週開かれる研究生コミュニティの親密さと、教授陣の密接な関与により、ヨーロッパ・インスティテュートは学術研究の技術を学ぶ非常に特別な場所となっている。

卓越したアカデミックな施設を利用することができるほか、世界トップクラスの社会科学機関であり、世間からの注目度も高いという利点もある。ヨーロッパ・インスティテュートだけでも、通常年間50以上の公開講義やセミナーが開催され、政策実務家向けのイベントも開催されるため、学生は貴重なネットワーキングの機会を得ることができる。

入学条件・入試情報

LSE博士課程奨学金、およびESRCの資金援助を受けている。
UCASスコア、Aレベル、必要英語力などの最低条件を満たしていない場合、European Studies, MPhilで学ぶためにどの進学準備コースが最適かアドバイスをもらえます

**詳細はウェブサイトを参照のこと。

コスト

ロンドンの学生の平均生活費

家賃 518ポンド
水道、ガス、電気、インターネット(自宅) 50ポンド
スーパーマーケットでの買い物  81ポンド
衣料品  35ポンド
外食  33ポンド
アルコール類  27ポンド
テイクアウト/フードデリバリー 30ポンド
外出・娯楽(アルコール、食品を除く) 24ポンド
休日および週末旅行  78ポンド
市内交通費  17ポンド
セルフケア/スポーツ  20ポンド
文房具・書籍  13ポンド
携帯電話/インターネット  13ポンド
ケーブルテレビ/ストリーミング  7ポンド
保険料  51ポンド
その他  1092ポンド
学生の平均生活費  95ポンド

ロンドンでの費用は平均より約34%高くなります。主に家賃が他都市の平均より67%高いことが原因です。学生会館に滞在する場合、水道、ガス、電気、無線LANの費用は、一般的に家賃に含まれています。宿泊施設が徒歩圏内や自転車通学圏内にある小都市の学生は、交通費がかなり安くなる傾向があります。

大学ランキング

イギリスや世界のトップランキングでのロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス のランキング。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスの大学ランキング9件をすべて表示

についてロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)は、ラッセルグループの大学であり、ロンドン大学の加盟校の一つです。ロンドン中心部のウェストミンスター地区に位置するLSEには、国内外から様々な学生が集まり、その経験を活かしています。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスの139 学士・修士コース一覧 - コースカタログ

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスの学生構成

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス レベル別在籍学生総数 2021/22年度 - 高等教育統計局(Higher Education Statistics Agency:HESA)が2月 2022に公表したフルタイム換算学生数。
学部生:
5500
大学院生:
6695
合計:
12195

このプログラムはどこで教えられているのか

London School of Economics and Political Science
map marker 地図に表示する

類似のコース

プログラム 大学 学生 満足­度合い 失業­状態 ドロップ­アウト 授業料 (インター­ナショナル) UCAS タリフ 都市
中央・東ヨーロッパ研究/心理学(社会科学) MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
比較文学/中央・東欧研究 MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
中央・東ヨーロッパ研究/地理学(社会科学) MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
国際関係/中央・東欧研究(社会科学) MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
哲学/中央・東欧研究 MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
中東欧研究(社会科学) MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
中央・東ヨーロッパ研究/社会・公共政策 (SocSci) MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
中東欧研究/スコットランド文学 MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
中央・東ヨーロッパ研究/哲学(社会科学) MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム
ケルト研究/中央・東欧研究 MA (Hons) グラスゴー大学
(University of Glasgow)
- - - - - グラスゴー オンカンパス フルタイム