ロンドンでの家具のデザインと製作学士・修士課程 (Furniture design and making)

プログラム 大学 学生 満足­度合い 失業­状態 ドロップ­アウト 授業料 (インター­ナショナル) UCAS タリフ 都市
Kingston University 82% 4% 4% £9250 159 Kingston upon Thames オンカンパス フルタイム
London Metropolitan University - - - £13750 - London オンカンパス フルタイム
Istituto Marangoni - - - - - London オンカンパス フルタイム
Istituto Marangoni 69% - 18% £17900 154 London オンカンパス フルタイム
University of the Arts London 64% - 3% - 123 London オンカンパス フルタイム
London Metropolitan University 76% - 5% £3625 107 London オンカンパス パートタイム
ロンドン以外の都市でのコースに興味がありますか?
イギリスの 家具のデザインと製作コース 32。
関連科目 - ロンドンの学位プログラム:
  • Product Design: How to Get Started || Furniture Edition
    1/2
  • Cecilie Manz designs minimal furniture to create "relaxed moments"
    2/2

仕事とキャリアの展望

家具のデザインと製作のキャリア展望

この学科の卒業生を対象に、卒業後15カ月が経過した時点で、現在の就職状況や仕事内容、活動内容や考え方が学業と直結しているかどうかを質問しました。

現在の仕事

家具のデザインと製作卒業生で「就労している」と回答した人のうち、仕事に関する記述に「そう思う」「強くそう思う」と回答した人の割合は以下の通りです。

将来の計画に沿った仕事

勉強で得たスキルを活かす

仕事には意味がある

家具のデザインと製作卒業生が仕事に役立つと考えるスキル。

  • 創造的かつ実践的な能力
  • デッサン力
  • 優れた視覚能力
  • 手先の器用さ
  • 手と目のコーディネーション能力
  • コンピュータ支援設計の理解
  • 工業プロセスと技術に関する知識
  • コミュニケーション・スキル
  • コマーシャル・フォーカス
  • セルフモチベーション
  • 柔軟性
  • 締め切りに間に合うように働く能力
  • コラボレーティブ・スキル
  • マネジメント・スキル

15ヵ月後の職務に必要な能力レベル

就労していると回答した家具のデザインと製作卒業生のうち、下記は、高技能職と非高技能職の割合を示しています(Unistats)。

% スキルを要する仕事

家具のデザインと製作 学部 卒業生の就職先(卒業 15ヶ月後)

Brunel University 家具のデザインと製作の全卒業生を対象とした例です。

24% デザイン系職種
20% エンジニアリングの専門家
20% ウェブ、マルチメディアデザイン職
9% 科学、工学、技術関連の専門家
6% 経営者、ディレクター、上級官僚
4% 技能職の職業
3% 販売関連職
3% 初級者向け職業
1% ビジネス、研究、管理職
1% スポーツとフィットネスの職業

入学条件・入試情報

UCAS 家具のデザインと製作の学生募集要項

UCASスコア、Aレベル、英語力など、最低条件を満たしていないのでは?それでも家具のデザインと製作に参加するためには、
どのファウンデーションコースが最適か、アドバイスをもらってください

よくある質問

家具のデザインと製作学部 卒業生の給与の中央値は、卒業後15ヶ月で£20069 、卒業後3年で£19085 、卒業後5年で£22483 でした。

Kingston Universityのプロダクト&ファニチャーデザインは、year年度 全国学生調査において、22名の回答者の中で100点満点中82点と、卒業生中最高の評価を獲得しました