ロンドンでのアメリカ研究学士・修士課程 (American studies)

プログラム 大学 学生 満足­度合い 失業­状態 ドロップ­アウト 授業料 (インター­ナショナル) UCAS タリフ 都市
スペイン語およびラテンアメリカ研究 BA (Hons) ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン
(University College London)
- 0% 10% £26200 170 ロンドン オンカンパス フルタイム
アメリカ研究 BA (Hons) リッチモンド大学ロンドン(Richmond, The American International University in London)
(Richmond, The American International University in London)
- - - £15645 - リッチモンド オンカンパス フルタイム
アメリカ研究エクステンド・ディグリー BA (Hons) リッチモンド大学ロンドン(Richmond, The American International University in London)
(Richmond, The American International University in London)
- - - £15645 - リッチモンド オンカンパス フルタイム
スペイン語およびラテンアメリカ研究 Grad Dip ロンドン大学バークベック校(Birkbeck, University of London)
(Birkbeck, University of London)
- - - £13220 - ロンドン オンカンパス フルタイム
ロンドン以外の都市でのコースに興味がありますか?
イギリスの アメリカ研究コース 127。

仕事とキャリアの展望

アメリカ研究のキャリア展望

この学科の卒業生を対象に、卒業後15カ月が経過した時点で、現在の就職状況や仕事内容、活動内容や考え方が学業と直結しているかどうかを質問しました。

現在の仕事

アメリカ研究卒業生で「就労している」と回答した人のうち、仕事に関する記述に「そう思う」「強くそう思う」と回答した人の割合は以下の通りです。

アメリカ研究卒業生が仕事に役立つと考えるスキル。

  • 多面的に物事を見ることができる能力
  • 批判的分析力
  • 口頭および書面による優れたコミュニケーション能力
  • 首尾一貫した説得力のある議論を展開する能力
  • チームワークと独立して仕事をする能力
  • グループでのプロジェクトやプレゼンテーションを行うことができる
  • 言語能力
  • 研究・分析能力
  • 社会的・異文化的スキル

15ヵ月後の職務に必要な能力レベル

就労していると回答したアメリカ研究卒業生のうち、下記は、高技能職と非高技能職の割合を示しています(Unistats)。

成績評価と学習時間

入学条件・入試情報

UCASスコア、Aレベル、必要英語力などの最低条件を満たしていない場合、アメリカ研究で学ぶために
どの進学準備コースが最適かアドバイスをもらえます

よくある質問

ロンドンの家賃の高さは、全体のコストに最も大きな影響を及ぼしています。ロンドンでどの場所に住むかの選択は、あなたの生活費に大きな違いをもたらすことになります。ロンドンで学ぶ学生は、英国の他の地域の学生よりも平均して67%多く家賃を支払っています。ロンドンでの学生の生活費全体は、英国の他の地域よりも約34%高くなります。