ロンドンでのビルディングサービスエンジニアリング学士・修士課程 (Building services engineering)

プログラム 大学 学生 満足­度合い 失業­状態 ドロップ­アウト 授業料 (インター­ナショナル) UCAS タリフ 都市
建築サービス・エンジニアリング HND ロンドン・サウスバンク大学
(London South Bank University)
- 30% 35% - - ロンドン オンカンパス フルタイム
建設・建築環境 HNC クロイドン・カレッジ
(Croydon College)
- - - - - ロンドン オンカンパス パートタイム
建築サービス・エンジニアリング BEng (Hons) ロンドン・サウスバンク大学
(London South Bank University)
- - - - - ロンドン オンカンパス フルタイム
建築サービス工学修士課程 MSc ブルネル大学(Brunel University)
(Brunel University)
- - - - - アクスブリッジ オンライン パートタイム
ロンドン以外の都市でのコースに興味がありますか?
イギリスの ビルディングサービスエンジニアリングコース 13。
  • A Day in the Life of a Building Services Engineer
    1/2
  • REAL JOBS: Sally Biddlecombe - mechanical building services engineer at Arup
    2/2

仕事とキャリアの展望

ビルディングサービスエンジニアリングのキャリア展望

この学科の卒業生を対象に、卒業後15カ月が経過した時点で、現在の就職状況や仕事内容、活動内容や考え方が学業と直結しているかどうかを質問しました。

現在の仕事

ビルディングサービスエンジニアリング卒業生で「就労している」と回答した人のうち、仕事に関する記述に「そう思う」「強くそう思う」と回答した人の割合は以下の通りです。

ビルディングサービスエンジニアリングにおける専門分野

  • 電機部門
  • ファサード・エンジニアリング
  • 加熱・換気・冷蔵・空調
  • 照明
  • メカニカル・エンジニアリング
  • 公衆衛生
  • サステイナブルおよび再生可能エネルギー

ビルディングサービスエンジニアリング卒業生が仕事に役立つと考えるスキル。

  • 卓越した分析力と問題解決能力
  • 細部への目配り
  • 優れたデザインスキル
  • 優れた数字処理能力
  • コミュニケーション・スキル
  • 人と時間の管理能力
  • チームの一員として、または個人としてうまく働く能力
  • テクニカル・ドローイング・スキル
  • ITスキル

15ヵ月後の職務に必要な能力レベル

就労していると回答したビルディングサービスエンジニアリング卒業生のうち、下記は、高技能職と非高技能職の割合を示しています(Unistats)。

ビルディングサービスエンジニアリング 学部 卒業生の就職先(卒業 15ヶ月後)

Anglia Ruskin University ビルディングサービスエンジニアリングの全卒業生を対象とした例です。

74% 管理職の職業
35% 秘書および関連職種
35% 情報技術者の職業
10% レジャー、旅行、関連個人サービス業
7% 金融プロフェッショナル
5% 販売関連職
5% プロセス、プラント、機械作業者
5%
4% プロセス、プラント、機械作業者
3% 介護関連パーソナルサービス
1% 金融プロフェッショナル

成績評価と学習時間

入学条件・入試情報

UCASスコア、Aレベル、必要英語力などの最低条件を満たしていない場合、ビルディングサービスエンジニアリングで学ぶためにどの進学準備コースが最適かアドバイスをもらえます

よくある質問

ロンドンの家賃の高さは、全体のコストに最も大きな影響を及ぼしています。ロンドンでどの場所に住むかの選択は、あなたの生活費に大きな違いをもたらすことになります。ロンドンで学ぶ学生は、英国の他の地域の学生よりも平均して67%多く家賃を支払っています。ロンドンでの学生の生活費全体は、英国の他の地域よりも約34%高くなります。