ロンドンでのパブリックリレーションズ学士・修士課程 (Public relations)

プログラム 大学 学生 満足­度合い 失業­状態 ドロップ­アウト 授業料 (インター­ナショナル) UCAS タリフ 都市
広告、マーケティング・コミュニケーション、パブリック・リレーションズ BA (Hons) ロンドン・メトロポリタン大学
(London Metropolitan University)
87% 10% 5% £17600 98 ロンドン オンカンパス フルタイム
広告、広報、ブランディング BA (Hons) ミドルセックス大学
(Middlesex University)
71% 10% 5% £15100 123 ロンドン オンカンパス フルタイム
ファウンデーション・イヤーによる広告、広報、ブランディング BA (Hons) ミドルセックス大学
(Middlesex University)
- - - £14000 - ロンドン オンカンパス フルタイム
広報、コーポレートコミュニケーション MA キングストン大学
(Kingston University)
- - - £16600 - キングストン アポン・テムズ オンカンパス フルタイム
メディアと広報 MA ブルネル大学(Brunel University)
(Brunel University)
- - - - - アクスブリッジ オンカンパス パートタイム
ロンドン以外の都市でのコースに興味がありますか?
イギリスの パブリックリレーションズコース 42。
  • It's Not Manipulation, It's Strategic Communication | Keisha Brewer | TEDxGeorgetown
    1/3
  • Master | Communication Science: Persuasive Communication | University of Amsterdam
    2/3
  • Public Relations Specialist Career Video
    3/3

仕事とキャリアの展望

パブリックリレーションズのキャリア展望

この学科の卒業生を対象に、卒業後15カ月が経過した時点で、現在の就職状況や仕事内容、活動内容や考え方が学業と直結しているかどうかを質問しました。

現在の仕事

パブリックリレーションズ卒業生で「就労している」と回答した人のうち、仕事に関する記述に「そう思う」「強くそう思う」と回答した人の割合は以下の通りです。

パブリックリレーションズにおける専門分野

  • 国際パブリックリレーションズ
  • グローバル・コミュニケーション・マネジメント
  • ストラテジック・コミュニケーション
  • コーポレート・コミュニケーション

パブリックリレーションズ卒業生が仕事に役立つと考えるスキル。

  • 顧客管理に関する知識と実践的スキル
  • コミュニケーションスキル
  • プレッシャーマネジメント
  • テクノロジー・スキル
  • イベントやプロジェクトに関するスキル
  • ビジネス意識
  • メディア・スキル
  • オーガニゼーション・スキル

15ヵ月後の職務に必要な能力レベル

就労していると回答したパブリックリレーションズ卒業生のうち、下記は、高技能職と非高技能職の割合を示しています(Unistats)。

パブリックリレーションズ 学部 卒業生の就職先(卒業 15ヶ月後)

Bournemouth University パブリックリレーションズの全卒業生を対象とした例です。

55% ビジネス、研究、管理職
25% メディア・プロフェッショナル
10% 販売関連職
5% 接客業の職業
5% 科学、工学、技術関連の専門家

成績評価と学習時間

入学条件・入試情報

UCASスコア、Aレベル、必要英語力などの最低条件を満たしていない場合、パブリックリレーションズで学ぶためにどの進学準備コースが最適かアドバイスをもらえます

よくある質問

ロンドンの家賃の高さは、全体のコストに最も大きな影響を及ぼしています。ロンドンでどの場所に住むかの選択は、あなたの生活費に大きな違いをもたらすことになります。ロンドンで学ぶ学生は、英国の他の地域の学生よりも平均して67%多く家賃を支払っています。ロンドンでの学生の生活費全体は、英国の他の地域よりも約34%高くなります。